王は愛するの相関図やキャストを紹介!

イム・シワン「ミセン-未生-」ユナ<少女時代>主演!!!

話題の豪華キャストが魅せる、胸キュン度MAXのロマンス時代劇が登場!

「太陽を抱く月」「ミセン-未生-」で役者として大ブレイクを果たしたイム・シワン

日本でも抜群の知名度と人気を誇る彼が、

2017年入隊前最後の出演作として選んだ本作で、

美貌と知性、大胆な行動力に加え、

孤独・愛・怒りなど様々な顔を持つ 王子ワン・ウォン役に挑戦。

対するヒロイン役には、アイドルグループ<少女時代>のユナを抜擢。

美と実力を兼ね備えた俳優陣が、胸キュン度MAXの物語を作り上げた。

今回は王は愛するの相関図やキャストを紹介していきたいと思います。

王は愛する あらすじ

第25代高麗王の息子ウォン(イム・シワン)は、

美しい容姿と知性にあふれています。

大胆な行動力で人々を引き付ける卓越した能力の持ち主でしたが、

母親が元(げん)のフビライ王の娘であったため、

父親から忌み嫌われ警戒されていました。

政に興味を持たず、権力争いも嫌い、いつも親友リン(ホン・ジョンヒョン)と過ごしていました。

ウォンにとってリンは、

家族よりも心を許せる存在で、

一生を共にすると誓った特別な存在でした。

リンは、友でありながらも護衛としてウォンを誰よりも近くで支えていました。

ある日、二人は身分を隠し王宮の外に出かけます。

高麗一の大商人ウン・ヨンベクの妻が何者かに殺されるところを目撃してしまいます。

殺された女性の娘であるサン(ユナ)は幸い難を逃れます。

一方、ウォンリンは、

サンの母親が亡くなる直前に残した娘への遺言をサンとは知らずに伝えます。

これが三人の出会いでした。

7年後

ウォンリンは美しく気高い女性に成長したサンと再会します。

三人の間には友情が芽生えます。

しかし、ウォンは次第にサンに恋心を抱き始めます。

リンもまたサンに密かに想いを寄せていきます。

永遠に続くと信じていた二人の友情がはからずもサンによって崩れ始めていきます・・・・。

王は愛する 相関図

王は愛する キャスト

イム・シワン


ワン・ウォン
高麗の王子

ユナ


ウン・サン
高麗一の金持ちの娘

ホン・ジョンヒョン


ワン・リン
ウォンの部下、友人

パク・ファニ


ワン・ダン
リンの妹

オ・ミンソク


ソン・イン
忠烈王の策士

王は愛する 見どころ

すれ違う愛、友情、そして欲望

宮廷を舞台に3人の男女が繰り広げる甘く切ない<三角関係>の結末とは!?

絶対の信頼で結ばれた友情が、一つの恋によって崩れ始める様を切なく、かつロマンティックに描いた本作。

高麗の王子である主人公ワン・ウォンが腹心の友と 同じ相手を好きになることで、いつしか友情にも変化が起きます。

愛か友情か―二人は究極の選択を迫られます。

愛する者を守る為に無関心だった権力を持とうと決意した王子と、王子に忠誠を誓う心優しい友。

そして2人の間で揺れ 動く美しきヒロインの3人が、甘く切ない三角関係を繰り広げます!

主君 × 家臣の美しくも切ないブロマンスで魅せる

「麗<レイ>~花萌ゆる8人の皇子たち~」ホン・ジョンヒョンが、

優しき護衛役で新境地開拓!

主君と家臣のブロマンス(男同士の厚い友情)も物語の大きなポイント。

山で野宿をすれば自分の羽織をウォンにかけ、かいがいしく世話を焼くリン

一方で、リンに危険が及べば、持ち前の知恵を使って助けるウォン

二人の固い友情は一人の女性を巡って崩れかけるも、断ち切ることのできない絆が物語を一層盛り上げる。

本作でウォンの親友 ワン・リンを演じたのが 「麗<レイ>~花萌ゆる8人の皇子たち~」で狂気と悲しみを抱えた役柄で好評を得たホン・ジョンヒョン

本作で魅せた心優しく誠実な姿で、 前作からのイメージをガラリと変え、新境地を開拓しました。

王は愛する 視聴率

最高視聴率8.1%