ゴー・バック夫婦の全話ネタバレ

離婚ホヤホヤの元夫婦が二十歳にタイムスリップ!

今度の人生、誰と恋する!?

チャン・ナラ×ソン・ホジュン主演!

愛情リセット ラブコメディ!!

「運命のように君を愛してる」などラブコメの女王として、

年齢を重ねても少女のような愛らしさを保ち続ける童顔美女チャン・ナラと、

「応答せよ1994」ソン・ホジュン

最高のケミストリーでKBS演技大賞<ベスト・カップル受賞>の2人が繰り広げる

共感度満点のハートフルラブコメディ!!
甘い恋人時代からの学生結婚、

そして現在は離婚ホヤホヤの38歳同い年の2人がいきなり20歳の大学生に戻って、

恋も人生もやり直し!?

あの頃は輝いて見えた2人――すれ違ってしまった“愛”の行方は・・・?

キャストや相関図はこちらから
ゴー・バック夫婦のキャストや視聴率などを紹介!

#1「結婚はハッピーエンドじゃない」

大学で出会い恋に落ちたバンドジンジュ

結婚して可愛い息子ソジンも授かり幸せな毎日

のはずでしたが・・・・・

時は流れて2017年

38歳になった2人は生活に手いっぱいでケンカが絶えない日々を送っていました。

そんな中、バンドの浮気疑惑が持ち上がります。

そして、ついにジンジュは離婚を言い渡します。

2人が結婚指輪を外した翌朝、

目覚めると・・・・

そこは???

何故か1999年

#2「思い出は都合よく記憶される」

1999年にタイムスリップしたジンジュバンドは、

外見は20歳、中身は38歳のまま大学に。

学内で会っても避け合う2人でした。

しかし、合コンで遭遇してしまいます。

この合コンこそ、2人が恋に落ちた出会いの場でした。

さらに、ジンジュは同じ学科の先輩ナムギルに気安く接しますが、

気まずい雰囲気になります。

実はその前日ジンジュは彼を冷たく振っていたのでした。

#3「再び訪れた春の日」

一日経ってもジンジュバンド1999年のまま。

一生戻れないのではと不安を抱くジンジュは、バンドにタイムスリップのことを打ち明けますが、

バンドはこの際お互い楽しもうと話します。

早速、友達とクラブに繰り出すジンジュでしたが、

慣れないハイヒールで体勢を崩して、ナムギルに抱きついてしまいます。

その頃、バンドも仲間とクラブに出かけていてそこで・・・・・

#4「再び訪れた春の日」

ナムギル「お前を好きではない」と言いつつ、

ジンジュが気になって仕方ありませんでした。

一方、バンドはバレエの練習中に倒れた初恋の相手のソヨンを病院に連れていきます。

そこでバンドはストレスに苦しむ彼女を和ませてやります。

そんな中、ジンジュは肝試しイベントで梯子から落ちそうになったところをナムギルに助けられます。

自分をかばって怪我をしたナムギルを気にかけるジンジュでしたが・・・・・。

#5「初恋の基準」

ジンジュが車に忘れていった財布を見つけたナムギルは、

あれこれ言い分をならべ夜に会う約束をさせます。

一方、バンドソヨンと距離を近づけて一緒に映画を見に行くことになりました。

しかし、そこでナムギルジンジュは鉢合わせをしてしまいます。

映画を見ながらも互いに相手の連れのことが気になる2人

映画の後、ナムギルと飲みに行ったジンジュ「お前が好きだ」と告白されます・・・・

#6「自分らしくいる時がもっとも輝くのだ」

ジンジュは大学の学園祭でなりゆきから出店を手伝うことになりました。

そんなジンジュを微笑ましそうに見守るナムギル

一方、バンドソヨンと学園祭の催し物を楽しんでいました。

そんな中、ミスキャンパスの学部代表がドタキャンします。

ジンジュは先輩から代打出場を頼み込まれてしまいます。

服が汚れていると断るジンジュに、ナムギルは新調の服を差し出します・・・・

#7「ウソと偽りの間に真の気持ちがある」

学園祭の後、ジンジュに再び心がときめくバンドでした。

しかし、彼女とナムギルが一緒にいるところに遭遇してしまい動揺を隠せない様子です。

そして、ジンジュのもとにはヒョンソクから誘いのメールが来ます。

彼に遊ばれていると知ったジンジュバンドの話から、

現代でヒョンソクバンドをパシリにしていたことを知ります。

ジンジュバンドの協力を得て、復讐に乗り出します。

#8「世の中に立ち向かう自分だけの武器」

ジンジュに痛い目に遭わされて、彼女の跡をつけるヒョンソク

危険を察したジンジュバンドに連絡しますがが繋がりません。

窮地に現れたのはナムギルでした。

その頃、バンドは家出したソヨンから連絡を受けて、彼女のもとへ向かいます。

翌日ジンジュに会ったバンドは、

「いつも必要な時にいない」と言われてしまいます。

そんな中、ソルが休学届を出し姿を消します。

#9「当たり前などない」

バンドはいつもの仲間で旅行に行くことを思いつきます。

皆で楽しく過ごしている中、

結婚式が蘇るジンジュバンド

そんな中、旅行先にナムギルが現れます。

ジンジュをはさんで、

バンドナムギルは敵対心むき出しにします。

その晩、散歩に出ていったジンジュを追いかけたナムギルは彼女をある場所に連れて行きます。

そこはジンジュバンドの思い出の場所でした。

#10「当たり前などない」

旅行の帰り道、

ジンジュソルの気遣いでナムギルの車で帰ることになりました。

そんな2人が気に食わないバンド

翌日、生理痛で辛そうなジンジュを察したバンドは、

薬を買って渡して彼女の腰を叩いてあげます。

それは長年バンドジンジュにやってあげていたことでした。

ソヨンの公演の日、

バンドヒョンソクジンジュを襲おうとしていたことを知ります。

#11「こじれた心はほっとくと悪化する」

ジンジュの家を訪ねて泣きながら胸の内を吐露するバンド

そこに偶然顔を出したジンジュの母は、

バンドに食事をしていけと家に招き入れます。

その晩、ヒョンソクに襲われた時の話になって

ジンジュバンドは互いの本心を初めて知って心が揺れます。

もう一度やり直すには指輪が必要だと気づいたバンドは、

2人で買った思い出のペアリングを探しに行きます。

#12「愛する私の戦友よ」

ジンジュをかばって、車に轢かれてしまうバンド

動転するジンジュの姿を目にしたナムギルは、

2人の関係に疑いを抱きます。

バンドを案じ病院に通うジンジュでしたが、

回復後もバンドジンジュを避け続けます。

一方、母親のことでジンジュに慰められたナムギルは、

改めて「お前が大好きだ」と伝えます。

そんな中、ジンジュバンドは愛息ソジンのことを思い出します・・・・。