アイムソーリーカン・ナムグ~逆転人生~の1話から10話までのネタバレ公開

キム・ミンソパク・ソノの主演作!!

お金持ちになった家族に、

あらゆる困難が待ち構えているファミリードラマ!

アイムソーリーカン・ナムグ~逆転人生~

自分のすべてを、家族に捧げた一人の男。

そして、すべてを無くしてしまった女。

突然、

大金持ちになった夫婦は、

それが原因で歯車が狂ってしまう!!

あらゆる壁にぶつかり、

波乱万丈な生活が始まる・・・。

今回はこのドラマの1話から10までのネタバレを紹介していきたいと思います。

相関図やキャストはこちらから
アイムソーリーカン・ナムグ~逆転人生~の相関図やキャストを紹介

アイムソーリーカン・ナムグ~逆転人生~第1話

児童養護施設で育ったチョン・モアパク・ドフン

2人は夫婦になって、モアは叔母の家に居候し仕事を掛け持ちしながら、

TMOグループへの就職を目指すドフンを支えていました。

しかしTMOグループで契約社員として働くモアは、

契約が切れることを告知されます。

部屋を借りて、叔母の家での居候生活から抜け出そうとしていた矢先だけに大きなショックを受けます。

そんな中、TMOグループ会長シン・テハクの妻、ホン・ミョンスク

3歳の時に行方不明になった息子ミンジュンを捜し続けていました。

一方、洗車場の従業員カン・ナムグは、女性をだまして貢がせる生活をしていました。

アイムソーリーカン・ナムグ~逆転人生~第2話

ドフンは急病の息子ジェミンを病院の救急外来へと連れて行きます。

その時偶然にも、モアが倒れたテハクを搬送する救急車に同乗して同じ病院に来ていました。

その病院でドフンは財布を拾いました。

その財布の持ち主がTMOグループの会長だと分かると、

自分で彼の病室に届けようと試みます。

テハクが倒れたところを助けたことで会長室に呼ばれたモア

困ったことはないかとテハクに聞かれるが、

なかなか雇用を続けてほしいとは言いだせせずにいました。

アイムソーリーカン・ナムグ~逆転人生~第3話

父がミンジュンを目撃したという情報提供者がテハクたちの元に現れました。

ミンジュンと見られる子は交通事故に遭ったと聞いて、

テジンは目撃者に会いに行きます。

一方、モアドフンチョンスの計らいで結婚の記念写真を撮影して、つかの間の幸せを感じていました。

ドフンはTMOグループの入社試験の面接に臨みます。

彼が児童養護施設で育ったと知ったテジンが腕を見せるように強要したところ、右腕には傷痕がありました。

面接らしからぬ不当な質問ばかりされたドフンは怒って退出しようとしますが、

その時、様子を見に来たテハクが部屋に入ってきました。

アイムソーリーカン・ナムグ~逆転人生~第4話

テジンが破り捨てた写真をゴミ箱から発見したミョンスク

そこには右腕に傷痕のあるドフンが写っていましたが、

彼のことを知らないミョンスクは、

写真の人物は誰なのかとテジンを問い詰めめます。

そんな中、TMOグループの入社試験の健康診断でドフンの血液型がO型だという結果が出ます。

過去の記録から彼がA型だと思いミンジュンである可能性はないと判断していたテジンは、

健康診断の結果を発表しないように病院の副院長に根回しをしてDNA鑑定を進めようとします。

アイムソーリーカン・ナムグ~逆転人生~第5話

入社試験で不合格になったドフンテジンの車を停車させて、期待を裏切ったことに抗議します。

そして公平に合否を判定してほしいと哀願します。

その様子を偶然見かけたモアは、

これまでの2人のやり取りを知らなかったため、

落ちたことをそんなに悔やまなくてもいいとドフンを慰めるほかありませんでした。

そんな中、ドフンが手伝う中国料理店に単身乗り込んだミョンスク

彼女はドフンに対し幼少期のことや腕に傷について尋ねますが、

ドフンは何も覚えていないと答えます。

ただ、ドフンが自分の血液型についてA型だと答えたことから、

テジンがDNA鑑定を依頼したのは誰なのかという謎が生まれます。

そして、彼女はそれを突き止めようとします。

アイムソーリーカン・ナムグ~逆転人生~第6話

ミョンスクテハクテジンが会っていた場に、

ドフンミンジュンの可能性があるというDNA鑑定の結果が届けられます。

突然の知らせに衝撃を受けたミョンスクは意識を失い倒れてしまいます。

一方、献血センターでの検査の結果から、

自分の血液型がA型ではなくO型だと知ったドフン

モアにDNA鑑定の結果を見せて、

自分がテハクの息子であると告げたドフン

テハクミョンスクは、

喜びの中、ドフンたち親子を受け入れる準備を進めていました。

その頃テジンは、会社の危機を救うためにミョンスクの願いを聞いた結果、

息子ウシクが命を落とした25年前のことを思い出していました。

アイムソーリーカン・ナムグ~逆転人生~第7話

モアジェミンを連れてテハクの家にやってきたドフン

彼の妻がモアであったと知ったミョンスクは、

当惑を隠せません。

一方でモアの育ての親である叔母スクチャは、

モアミョンスクたちとうまくやっていけるか心配していました。

ドフンたち親子3人がテハクの家に引っ越してきた日、

ミョンスクモアに対し持ってきた家財道具はすべて処分するように言います。

ドフンが取りなしてモアの親の形見を含む家財道具は倉庫で保管することになって、

その場は収まりましたが、モアミョンスクの確執は続ききます。

アイムソーリーカン・ナムグ~逆転人生~第8話

TMOグループの社員として初めて出社したドフン

一般の新入社員の扱いで入社したはずでしたが、

ミョンスクの意向で本部長というポストが与えられました。

そのため社内は会長の息子が入社したというウワサで持ちきりでしたが、

モアは社内ではドフンについて知らないフリをしていました。

一方、モアとその親族たちがドフンにとっては邪魔な存在だと感じるミョンスク

彼女に対してテジンは、

モアドフンを離婚させてやると持ちかけますが、

テジンに対して少しの見返りも渡したくないミョンスクは申し出を拒否します。

そんな中、ミョンスクに責められたモアも悩んでいました。

アイムソーリーカン・ナムグ~逆転人生~第9話

ジェミンが友人たちを家に招待した席で、

ミョンスクは目下の使用人に対してはぞんざいな口調で話すように教育します。

その結果、友人たちだけでなくジェミンまでもが使用人に対して侮辱的な言葉を浴びせます。

それを聞いたモアは我慢できずに、

ミョンスクの言いつけを破ってジェミンを叱ります。

しかし、そのことでさらにミョンスクとの関係は悪くなります。

ある日、チャ議員夫婦との食事会でドフンの妻がモアであることを公にしたくないミョンスクは、

モアをテーブルの下に隠します。

そして、そのことに気づきながらも知らないフリをするドフン

テハクモアの存在を隠そうとするミョンスクドフンの態度に反感を覚え、

2人を叱ります。

アイムソーリーカン・ナムグ~逆転人生~第10話

ミョンスクは、ひき逃げ事故で生き残った被害者まで呼び、

モアの両親はひき逃げ事故を起こして人を死なせたのではないかと問い詰めます。

するとモアは自分が目撃したと言って認めてしまいます。

しかし実は、ミョンスクモアをエステに連れていっては、

カウンセリングのアン先生を使って催眠術をかけていました。

その結果、モアは自分の両親がひき逃げ事件を起こしたという虚偽の記憶を刷り込まれていました。

被害者の証言もミョンスクがでっちあげたもので、

そのことにテジンが気づいてしまいます。