王と妃のキャストや相関図を紹介!!

最高視聴率44.3%獲得!!

命がけの権力ゲームが今、始まる!!

朝鮮王朝激動の50年、

陰謀うごめく朝廷の光と闇を描く!!

王家を支え、

天下に名をとどろかせたインス大妃の波乱に満ちた生涯

王と妃

今回はこのドラマの相関図を紹介していきたいと思います。

王と妃 あらすじ

朝鮮9代国王・成宗(ソンジョン)の母として、

後宮に君臨した仁粋大妃(インステビ)はどのように歴史の表舞台に出ていったのか。

その裏には、自らの野望を主君に託し命がけの攻防に身を投じた臣下たちの姿があった!

暴君か名君か、

功臣か奸臣か、

歴代の王とその参謀たちの果てしない戦いの行方とは!?

『海神』『千秋太后』などのヒット作でヒロインを演じてきた

ベテラン女優チェ・シラの時代劇初主演作。

激震が続く朝鮮王朝の50年を綴る超大型史劇!!

王と妃 相関図

王と妃 キャスト

チェ・シラ


仁粋(インス)大妃ハン氏 成宗の母、桃源君の妻

ソン・ジェホ


世宗(セジョン) ホン・ウン 朝鮮第4代国王、太宗の三男
吏曹判書→右賛成

チョン・ムソン


文宗(ムンジョン)
朝鮮第5代国王、世宗の長男

チョン・テウ


端宗(タンジョン)、魯山君、ホンウィ 朝鮮第6代国王、文宗の長男

イム・ドンジン


世祖(セジョ)、首陽大君 朝鮮第7代国王、世宗の次男

チュ・ミンジュン


睿宗(イェジョン)、海陽大君 朝鮮第8代国王、世祖の次男

イ・ジヌ


成宗(ソンジョン)、者山君 朝鮮第9代国王、桃源君の次男

アン・ジェモ


燕山君(ヨンサングン) 朝鮮第10代国王、成宗の長男

チェ・ウヒョク


中宗(チュンジョン)、晋城大君 朝鮮第11代国王、成宗の次男

キム・ミンジョン


定順(ジョンスン)王后ソン氏 端宗の妃

ハン・ヘスク


貞熹(チョンヒ)王后ユン氏 世祖の妃、睿宗の母

キョン・インソン


安順(アンスン)王后ハン氏 睿宗の妃、元側室(昭訓ハン氏)

シン・ジス


恭恵(コンヘ)王后ハン氏 成宗の最初の妃、ハン・ミョンフェの四女

キム・ソンリョン


廃妃ユン氏 成宗の2番目の妃、燕山君の母

ユン・ジスク


貞顯(チョンヒョン)王后ユン氏 成宗の3番目の妃、中宗の母

イ・シネ

 
シン氏 燕山君の妃

キム・ヘリ


恵嬪(ヘビン)ヤン氏 世宗の側室

シン・グ


讓寧(ヤンニョン)大君 世宗の兄、太宗の長男

キム・インテ


孝寧(ヒョリョン)大君 世宗の兄、太宗の次男

チャン・ソヒ


淑嬪(スクビン)ホン氏 文宗の側室(貴人→嬪)、恵嬪ヤン氏と対立

王と妃 ネタバレ

朝鮮第5代王、文宗は危篤の床にありました

文宗の父、世宗は病弱な文宗への譲位を憂慮しましたが、

長男継承の原則を守って文宗に譲位しました。

にわかに騒がしくなってきた宮殿には王族、官僚、さらには学者らがそれぞれの思惑を秘めて見舞いに集まってきます

しかし、王を守る内官は門を硬く閉ざして彼らを中に入れようしません。

世子の即位に当たり、徹底的に王族を排除しようとする右議政(ウイジョン)キム・ジョンソと、

この機会に王権政治を取り戻そうとする王族が激しく対立します。

王宮の権力を掌握しようとするキム・ジョンソはすべての権力を議政府に集中させて、

王族の宮殿への出入りを禁ずる即位文を作成します。

世子に即位を促しますが、内容に反発した世子はこれを認めようとしません。

私邸に引きこもる首陽大君に対し、キム・ジョンソは飛ぶ鳥を落す勢いで権力を掌握していきます。

王族は危機感を強め、動き出そうとしない首陽大君に代わって安平大君を担ぎ出そうと彼の家を訪れます。

王宮の実権を掌握した右議政キム・ジョンソ恵嬪ヤン氏オム・ジャチともども擦り寄っていきます

一方まったく動こうとしない首陽大君に王族は失望の色を濃くします。

集賢殿の学者クォン・ラムは首陽に今は耐えるべき時と、

さらに慎重になるよう助言します

嫁のハン氏は一計を案じ、義父の配下たちを援助しようと考えます

首陽が家族とともに久しぶりに宮殿にやってきます

端宗は喜び、そばにいて欲しいと懇願しますが、

首陽は孤独な王を心配そうに見つめるしかありませんでした。

首陽大君は自らキム・ジョンソを部屋に招き入れて手を組むことを誓います。

首陽は手始めに王族らとともに先王の墓所を探しに出かけ、イ・ヒョルロが風水で墓所を決めます。

首陽大君キム・ジョンソの和解は宮殿に平穏をもたらしました。

しかし、その裏では安平大君が着々と勢力を伸ばしていました

その急先鋒イ・ヒョルロは風水の知識で周囲を翻弄していました。

王と妃 見どころ

豪華すぎるキャスト

イ・ジョンギル、キム・ガプス、チェ・ジョンウォン、チョン・ソンモといったいぶし銀俳優たちが、

大望を心に抱く策士たちとして登場!!!

クセ者揃いの功臣たちの手に汗握る攻防が見逃せません!!!

王と妃 視聴率

平均視聴率は25%

最高視聴率は44.3%

王と妃 感想