輝くか、狂うかのキャストや相関図を紹介!!

チャン・ヒョクオ・ヨンソ主演で贈る

煌めきのロマンス史劇!!

「輝くか、狂うか」

呪われた運命を背負った高麗の皇子と渤海の王女の恋を描いたロマンス時代劇

高麗時代初期を背景に、高麗の皇子ワンソ(チャン・ヒョク)

渤海の姫シンユル(オ・ヨンソ)の愛の物語を描くロマンス史劇

今回は「輝くか、狂うか」のキャストや相関図を紹介していきたいと思います。

輝くか、狂うか あらすじ

高麗を血の海に染める破軍の星の下に生まれたいう呪われた運命で生まれた高麗の皇子ワンソ(チャン・ヒョク)

父、太祖王権(テジョワンゴン)によって金剛山に追いやられる

そこで自由に育ち月日が流れる・・・

王権は、過去の自分の過ちを認めてまた自身の助けとなってほしいとワンソを皇居に呼び戻す!

しかし、王権は刺客によって命を落としてしまう

一方、渤海最後の王女シンユル(オ・ヨンソ)は、天帝の住む場所と言われる紫微星の命運の下に生まれる

渤海を滅ぼし他国の光になる災いとして亡国の王女になるというお告げを受けて誕生した

生まれてすぐに殺されそうになる

しかし、なんとか生き延び、優れた商才を生かして商団の長として活躍している

そんな対照的な二人が運命の出会いを果たし・・・・

輝くか、狂うか 相関図

輝くか、狂うか キャスト

チャン・ヒョク


ワン・ソ(ソソ)
太祖の第4子、第3夫人の息子

オ・ヨンソ


ヤン・シンユル(ケボン)
渤海最後の王女、青海商団の副首領

イ・ハニ


ファンボ・ヨウォン
太祖の第4夫人の娘、ワン・ソの妻

イム・ジュファン


ワン・ウク
太祖の第5子、第4夫人の息子

輝くか、狂うか ネタバレ

不吉な星の下に生まれた皇子、ワン・ソは幼くして皇宮を追放される

成長後、皇帝が命を狙われているのを知り刺客を追って開封に向かう

開封では渤海最後の王女シンユルが青海商団を率いて商売をしていた

ワン・ソシンユルは偽の婚礼を挙げる

ワン・ソは捜し出した刺客から皇帝を傷つけた剣に毒が塗られていたと聞いて帰国する

しかし、皇帝は瀕死の状態だった

父の描いた理想の高麗を目指すべくワン・ソは立ち上がる

5年の月日が流れた

陰謀の黒幕の1人が西京派のキム内議令だと知ったワン・ソは開国寺の開眼式の日に襲撃を掛ける

一方、ワン・ソとの再会を夢見て高麗に来ていたシンユルは川に転落しそうになりワン・ウクに救われる

ワン・ソは再会したシンユルが男装だったため彼女だと気付かなかった

その頃、開封から5年前の刺客がやって来た

一方、定宗がワン執政の推進する西京築城を中断させたことで豪族に波紋が広がる・・・

シンユルワン・ソが5年前に自分が贈った玉佩を大事にしているのを知って嬉しくなる

一方、ワン・ソは潜入した青海商団で帳簿を見るチャンスを窺う

その頃、ヨウォンは皇帝の座を空けるためワン執政を訪ねた

副首領の部屋で見つけた銅鏡とキム内議令が持っていた飾りが同じものだと気付いたワン・ソ

その夜、刺客に襲われる

一方、キム内議令を襲ったのがワン・ソだと知ったワン執政は彼の皇宮への出入りを禁止させる。

皇宮に潜入したワン・ソは女装したシンユルに戸惑う・・・

しかし、酒を酌み交わすうちに思わず唇を重ねようとする

一方、青海商団のヤン首領は、皇子格闘大会に出場する皇子たちの衣装を全て無償で提供すると言う

ワン執政は、ワン・ソと仲間の早衣仙人をわなにはめるため無政寺におびき寄せる

同じ頃、母の痕跡を探しにシンユルワン・ウクと共に無政寺に来ていた

そして、ワン・ソシンユルをかばって深手を負ってしまう

皇子格闘大会が開催されることとなり、全てがワン執政の思惑通りに運んでいた

焦る定宗はワン・ウクが優勝したらシンユルを殺す計画を立てる

そして大会当日、優勝寸前となるウクの前に、やっとワン・ソが現れた

定宗に刀を突きつけられたシンユルワン・ソが助けたため、定宗はワン・ソに疑惑を抱く

青海商団ではワン・ソが皇子だということが知れ渡り、ワン・ソシンユルが女性で商団の副首領であることを知る

輝くか、狂うか 視聴率

平均視聴率は10.3%

最高視聴率は12.4%

輝くか、狂うか 見どころ

高麗時代の運命の愛

高麗初期と幻の国、渤海を背景に、男装、後継者、三角関係など

韓国ドラマの王道要素たっぷりに描かれる切ないロマンス時代劇

本格時代劇ファンだけではなく見る人全員虜になること間違いなし!!

チャン・ヒョクのカリスマが光る

運命のなかでもがく皇子ワン・ソを演じたのは「チュノ〜推奴〜」「根の深い木-世宗大王の誓い-」など

日本でも熱狂的なファンを抱えるチャン・ヒョク

たくましい肉体を駆使してのアクション

ヒロインを抱き寄せる熱いまなざし

皇子らしい真摯な表情など

やはり時代劇でのカリスマ演技は絶品です!!!!

美しすぎる姉弟

ワン・ソ×シンユルカップルに絡む美しすぎる姉弟も魅力的

弟を皇帝にして権力を手に入れようと、次第に暗黒の世界へと足を踏み入れるヨウォン

彼女を演じた、ミスコリア出身のイ・ハニが見せるむき出しの欲望は美しくも哀しい

そんな姉のもと、シンユルを手にするために皇帝の座を狙い始める弟ワン・ウクを演じたのはイム・ジュファン

シンユルへの思いが狂気へと変わっていく姿は切なく、そして美しい!!

輝くか、狂うか 感想

チャン・ヒョクがかっこいい

チャン・ヒョクのカリスマ性がにじみ出てたドラマですね~

顔はもちろん脱いでもかっこいい!!!

一つ言えばもっとチャン・ヒョクのアクションシーンが見たかった(笑)

チャン・ヒョクのアクションシーンはやっぱり素敵ですよね

チャン・ヒョク以外にも出てくるみんなが美しいし

時代劇初心者にも見やすいドラマなので気になる方は是非一度ご覧になってください。