その女の海のキャストやネタバレなどを紹介!

オ・スンア 「88番地~恋愛シンドローム~」「プレイ・ガイド」

チェ・ソンジェ 「ドクターズ~恋する気持ち~」「恋はドロップキック!~覆面検事~」 

ハン・ユイ 「ファッション王」「ヴァンパイア探偵」

キム・ジュヨン 「ヴァンパイア検事 ~残された赤い記憶」「大切に育てた娘 ハナ」 

イ・ヒョンギョン「我が家のハニーポット」「愛してもいいんじゃない」

悲劇を乗り越え

愛を守るため

血より濃い情で結ばれた

2人の母と娘

「その女の海」

野心と愛の間で揺れる四角関係

それぞれの想いが動き出す

悲劇を乗り越え本当の家族になっていく

2人の母と娘

時代の悲劇が生んだ切ない恋

逆境に負けない家族の愛の姿

涙なしでは見られない!!!!

海よりも深い愛に溢れた

人生と愛情を描く感動のストーリー

今回は「その女の海」ののキャストやネタバレなどを紹介していきたいと思います。

その女の海 あらすじ

息子を産めなかった本妻スノクの代わりに、息子を産んだ妾ヨンソンと暮らしているドンチョル

スノクドンチョルの借金のせいで住む場所を失ったヨンソンと息子ミンジェと一緒の家に住むことになる

しかし、ひとつ屋根の下でヨンソンだけに優しいドンチョルを見るのがつらいスノク

ヨンソンは自分たちのせいでドンチョルと不仲になってしまい、スノクの娘スインに申し訳ないと思っていた

絶対に馴染むことができないと思われた2つの家族・・・・

時の流れとお互いの努力により一つの家族になっていった!!

しかし・・・

ある日、スインの過ちでミンジェが行方不明になる事件が起きてしまった・・・

その女の海 相関図

<<準備中>>

その女の海 キャスト

オ・スンア


ユン・スイン
グクス工場の経理職員

キム・ジュヨン


チェ・ジョンウク
スインの初恋の相手、グクス工場の管理部長

ハン・ユイ


チョン・セヨン
スインの同級生、グクス工場の一人娘

チェ・ソンジェ


キム・ソヌ
製粉工場の専務、社長の孫

イ・デヨン


ユン・ドンチョル
スインの父

パク・ヒョンスク


パク・スノク
スインの母、グッパプ屋

イ・ヒョンギョン

イ・ヨンソン

ドンチョルの妾

カン・テユル


ユン・ミンジェ
ドンチョルとヨンソンの息子

ハン・ウンソ


ユン・ジョンイン
スインの妹

キム・ドヨン


ユン・ダルジャ
ドンチョルの妹

その女の海 ネタバレ

スノクは、愛人のヨンソンとその息子と一緒に暮らす亭主・ドンチョルを憎んでいる

しかし、忙しく舅の祭事の準備をしていた

ドンチョルヨンソンの楽しげな様子を偶然見かけひどく傷ついてしまう

ヨンソンは、精肉店の店主に品代を弁償してくれたスノクにお金を返そうとする

しかし、彼女はお金を受け取ろうとしない

ミンジェの面倒を見ることになったスインは、ミンジェを連れて海へ遊びにいく・・・・

ドンチョルの陶磁器店に立ち寄ったヨンソンは、貸金業者から脅迫を受けるドンチョルの姿を目撃

ドンチョルは借金で全てを失うことになる

ヨンソンは苦しむ彼をなだめ宿屋で暮らすことにする

家族を捨てた父はもちろん、ヨンソンミンジェまでも一緒に暮らすことになったと知って激怒するスイン

スノクは辛い気持ちを隠してそんなスインを慰め、ヨンソンは2人に対して申し訳なく思う

ミンジェに腹を立て怒るスインを見たドンチョルは、スインの頬を叩いて叱る

ヨンソンスインをかばうがスインは家を飛び出す

スインを偶然見つけたジェマン

ジェマンは、セヨンのもとへ連れていって休ませようとする

スインが病院へ運ばれたと聞いて病院に急行するスノク

スインをおぶって病院まで駆け込んだヨンソンのおかげで事なきを得た

このことをスノクから聞いたスインは、今までの感情を拭い去りヨンソンに感謝する

スノクスノクの母に対して申し訳ない気持ちのヨンソンは落ち込む

スノクは母に心配させまいと気丈に振る舞おうとするが涙がこぼれる

翌日、スノクの母は娘に内緒でドンチョルを呼び出しある頼みごとをする

その女の海 視聴率

平均視聴率は10.1%

その女の海 見どころ

韓国の時代背景

1960年~1970年代を背景に、本妻

義理の娘の葛藤と成長を描いた母性あふれるストーリー

現代の日本では考えられない生活に見入ってしまいます

その女の海 感想

ドキドキの展開

最後はどうなるのかな?

と初めから気になり見ていました

家族の背景などは少し複雑ですがストーリーがわかりやすく

いつの間にか相関図が頭の中に入っていました(笑)

それだけわかりやすいです!!

いろんな角度から見ると本当に様々な人間関係が見えてきて面白いドラマです

あなたも見始めるとすぐに最後が気になると思いますよーーー